· 

創業何年?

よくお客さんに聞かれることふたつ。

 

ひとつめ。

「はさみや包丁はここで作っているんですか?」

これは簡単です。

「いえ、作っていません。うちは製造ではなく砥ぎ屋です」

当店で扱っている刃物は、堺(大阪)、小野(兵庫)、福井、関(岐阜)などで作られています。

 

ふたつめ。

「お店は創業何年ですか?」

これは難しいのですが「100年くらいです」とお答えします。

 

早川信久のページで書いていますように、初代店主は早川亀次郎(本名)と申します。

2代目はふたりいまして、当家は分家筋になり創業80年くらいです。

 

本家は四条河原町に店を構えていましたが、今は商売をやめています。

「河原町の早川さんと関係ありますか」

「河原町の早川さんに聞いてきました」

と言って来てくださるお客さんが今でも時々あります。

 

初代の亀次郎は明治2年、1872年生まれ。20歳で刃物屋を始めたとしたら今年で126年。

ただ、いつ始めたのかはわからないのです。もともとは刀鍛冶の家だったと聞いているのですが。

 

初代から数えたらだいたい120年超えくらい。

当家としては80年くらい。

あいだをとって「100年くらい」とお答えしてるわけです。

詳しく聞かれると「120年くらい」と答えることもあります。

 

適当な話ですみません。


いまは店を3人でやっています。

店主は4代目で中下賢治と申します。なぜ早川でないのかというと、3代目の娘婿だからです。

3代目も時々店にいます。今年81歳になりますが、まだまだ元気です。

以上2人と、私。3代目の娘であり4代目の妻です。

どうぞよろしくお願いいたします。


店でお尋ねくださった方もたくさんおられますが…

現在、3代目である父はおおよそ隠居状態です。時々も店にはおりません。

ここ1年くらいそんな感じです。

82歳になりましたが元気にしておりますのでご心配なく。

 

いまは4代目と私でほぼすべての仕事を請け負っております。

全部、と言いたいところではありますが月に5時間程度は父も仕事しておりますので、ほぼ、にしておきます。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。